院長ブログ

あれから1年

1月15日国内で新型コロナウィルスの感染が確認されて1年経ちます。事態は収束に向かうかと期待する割には感染者数の急速な増大と緊急事態宣言の拡大という更なる悪化の一途をたどっています。国民は疲れ切って、政治家は適当にやっているとしか見えない様子に対して不満が鬱積しています。これからオリンピック開催をと意気込んでいる政府と、日々の生活の金銭と感染に対して多くの不安を抱えている国民とには大きな隔たりがあって、もはや埋めることのできない大きな溝が出来ています。国民は政府のコロコロ変わる態度に不信感を抱いていますから、緊急事態宣言を出して20時で飲食を下げるようにといったところ聞く耳を持っているかどうかも怪しいです。政府側は保障もないまま強制してさらに違反者には罰則を設けるという強硬手段に出るつもりですが、政府と国民との関係が悪化するだけのような気がします。

この混乱の原因、張本人はマスコミであるのは疑いのない事実です。本当にいい加減な憶測で恐怖を煽り立てて経済も人間の生命の安全さえも奪っていっています。若者の自殺者が異常なほど増加しているのは、未来への夢を持てない絶望的な視野に基づいてではないでしょうか。政府は不妊治療に助成しようとしていますが、このコロナ禍で安全に妊娠出産出来るのかも不明で、無事に生まれても幸せに生活できるのか疑問です。究極、自殺してしまえば終わりです。全てが行き当たりばったりで、情報の交通整理さえなされないで1年経ってしまいました。

ウィルスの発生源と言われている中国は既に経済が回っています。マスクもせずに普通に買い物をしたりして普通に暮らしています。まあこれも見せかけの一部を切り取ったようすかもしれませんが、経済の打撃は日本より少ないです。日本は中国のように共産圏ではないので感染者を強制収容できませんが、高齢者や合併症のある人はリスクが高いと分かっているのですから、検査を徹底して行い感染者と非感染者を区分けして、感染者に接触しないように政府が誘導するべきです。新型コロナウィルスを第2類から第5類にして、例年のインフルエンザの感染者数や死亡者数とも列挙して見せるべきです。そうすれば、今どんな日常に立たされているのかを皆が理解出来るようになるでしょう。

医師会が医療崩壊と言っているのは仕方ないでしょう。公立の病院は別に新型コロナウィルスの問題が無くても国から補助がありますが、医師会は開業医をまとめている団体です。国からの補助がない分、医師の権益を守るための団体でもありますので、新型コロナウィルスの患者を受け入れて経営が成り立たないとか専門外であるため無理な医療を請け負わなければならないようにとの防衛などで発言しています。政府が緊急事態宣言で政府の言う通りにしろと言っても、医師の権限とはたまた患者さんの安全を守るために、医師会はなんでも聞き入れることは出来ないという態度を示す最後の砦でもあります。よく、日本はベッド数が多くあって諸外国よりも感染者数が少ないのになんで医療崩壊が起きるのかと言われますが、諸外国は政府が保護している公的病院が多いのでコントロールが効くのでしょうが、日本の事情は違います。

考えてもみてください、通常は守られていなく税金だとか指導だとかで政府、特に厚生労働省からいじめられているのに、突然、「新型コロナウィルスだから協力しろ。」と言われても素直に応じられるかというと微妙ですよね。ましてや、新型コロナウィルスの患者を受け入れることによって赤字になりスタッフにも感染のリスクを負わせるという悪いこと尽くしであれば、受け入れられないでしょう。専門外で診療して何かあれば後で訴訟のリスクもあります。医療の世界はたった数百円の利益の点滴で、神経損傷で腕が麻痺したと訴えられたら数千万支払わなければならないものですから、他の業界ではばかばかしくてやらないでしょう。

まあそんなこんなで、1年。オリンピックの施設を新型コロナウィルスの患者の施設として3か月限定に使用して、その間に中国武漢のように専門病院を建てたらいいと思うのですが。中国は10日で建てたのですから、技術的には出来ると思うのですが。やる気がないのでしょう。

院長ブログ一覧

院長ブログ過去記事アーカイブ

NEXT ERA LEADER'S アイリスター麻布クリニック 西之原美樹

ドクターズ・ファイル 西之原美樹院長 (アイリスター麻布クリニック)

港区ドクターズ - 港区の病院・お医者さん情報サイト

ご近所ドクターeBOOK-港区・中央区版

病院まちねっと アイリスター麻布クリニック

Ls | 西之原 美樹のスタイル(アイリスター麻布クリニック)

アイリスター麻布クリニック

〒106-0045 東京都港区麻布十番
1丁目5-10 アトラスビル 3F

交 通
「麻布十番駅」
地下鉄南北線[5a出口]
大江戸線[7番出口]直ぐ

03-5772-3205

平日電話受付は15:30より承っております。

診察時間
平日
15:30~21:00
土・日・祝
10:30~13:00
14:30~19:00
(祝日は18:00迄)
火 休診
受付終了は診察終了の30分前

麻布十番 See Eye コンタクト

アイシャンプー

院長ブログ

スタッフブログ