院長ブログ

ホワイトデーと桜開花宣言

最近、ニュースが同じことの繰り返しで興味のあるものが無く、ブログを惰性で書くのを躊躇していました。少しづつ春めいてようやく重い腰が上がるようになり、再開しました。

先月のバレンタインデーにお世話になった方々やよく頂き物を下さる方に御礼にと、チョコレートを幾つか贈ったのですが、反対にホワイトデーに贈り物が届いて恐縮しています。日本にはなんと不思議な習慣がいつの間にか出来たのでしょう。海外の友人は“ホワイトデー“という和製英語を聞いて首をひねります。中には日本に長く滞在していて、この習慣を知っている方もいますが笑っています。

さて、本日予定通りに桜、開花宣言が出されました。東京は靖国神社のソメイヨシノが標準木とされていて、桜の花が5~6輪咲いた状態が開花、8割以上開いた状態が満開とされます。開花から満開までは関東で早く1週間のようですから、ちょうど緊急事態宣言が解除されるあたりになるでしょうか。桜が満開になってお祝いしてくれるような感じですね。桜の花の芽は咲く直前ではなく前年の夏の間に形成されて休眠状態となっているそうです。開花するのにはその前に一定の低温期間が必要で、ソメイヨシノだと8度以下の気温が約1000時間必要だそうです。この休眠状態から目覚めることを「休眠打破」と呼ぶそうで、その後の積算温度や時間を計算して開花予測が出来るようです。

その他に「600度の法則」と言って、その年の2月1日以降の最高気温を足していき、累積温度が600度を超えた日に桜が開花するというものだそうです。桜の木は普通に立っているだけに見えますが、数字で計算できるくらい精密に体内時計が働いて規則正しい生活をしているのですね。

積算数はヒトでも使われることがありますね。例えば、手術をする時によく使用される「ブリンクマン指数」は1日当たりの平均喫煙本数と喫煙した年数を掛け合わせて算出します。私が麻酔科医をしていた当時、問診でこの数字が600超えると要注意でした。手術前の禁煙は長くすればするほど良いと言われていましたが、実際に統計をとると1か月以上すると術後の回復指数が良くないことが分かり、禁煙が長すぎるとそれがストレスになるのではないかという結論になりました。何事も程ほどというわけです。緊急事態宣言も長すぎるとねえ。

他に心拍数と呼吸数についての積算を唱える説もあります。これはヒトでは緊張しやすいなどで心拍数と呼吸数が多いと短命でお坊さんのように精神を安定させて心拍数と呼吸がゆっくりの人は比較的長命と言われています。生物一般では心拍数と呼吸数が少ないと長命で、亀を例に挙げると平均がヒトの心拍数60回に比べて25回、呼吸数はヒトの18回に対して5回です。あくまでもある説ではありますが、色々不安になって焦るよりも深呼吸をして心を落ち着けて呼吸を整えてみましょう。1日寿命が延びるかもしれませんよ。

 

院長ブログ一覧

院長ブログ過去記事アーカイブ

NEXT ERA LEADER'S アイリスター麻布クリニック 西之原美樹

ドクターズ・ファイル 西之原美樹院長 (アイリスター麻布クリニック)

港区ドクターズ - 港区の病院・お医者さん情報サイト

ご近所ドクターeBOOK-港区・中央区版

病院まちねっと アイリスター麻布クリニック

Ls | 西之原 美樹のスタイル(アイリスター麻布クリニック)

アイリスター麻布クリニック

〒106-0045 東京都港区麻布十番
1丁目5-10 アトラスビル 3F

交 通
「麻布十番駅」
地下鉄南北線[5a出口]
大江戸線[7番出口]直ぐ

03-5772-3205

平日電話受付は15:30より承っております。

診察時間
平日
15:30~21:00
土・日・祝
10:30~13:00
14:30~19:00
(祝日は18:00迄)
火 休診
受付終了は診察終了の30分前

麻布十番 See Eye コンタクト

アイシャンプー

院長ブログ

スタッフブログ