オルソケラトロジー

オルソケラトロジー治療とは?

視力が良ければもっと違う生活が出来るのに…コンタクトレンズがなければなあ…そんな気持ちをお持ちの方が多くおられます。

日本人は近視の方が多く、眼鏡やコンタクトレンズなしでは生活ができないという方が多くおられます。 コンタクトレンズでの生活では、激しい運動が難しいのではないでしょうか?

野球やサッカーなどの屋外スポーツでは、コンタクトレンズがずれたり、ホコリが入るなどでプレーに支障がでる場合があります。本格的なスポーツを行っているアスリートの方でも、目の問題で悩んでいる方が多いのが現実です。 そんな中、レーシック手術が、一般的に普及しました。

しかし、レーシック手術は成長期を超えた年齢で受けることが適正とされています。患者さんからの意見としては、手術が怖いという声も、よくお聞きします。

「視力を良くしたい、だけど、レーシック手術はしたくない」

そんな方に、向いている治療法があります。
今、テレビ等でも紹介されている、オルソケラトロジーによる治療法です。スポーツや、仕事の中でコンタクトレンズの装用が気になることはありませんか?オルソケラトロジーは、昼間活動する時間は、コンタクトレンズを外し、夜寝ている時にコンタクトレンズをすることで、視力を回復する治療法です。

既に当クリニックでは、1万人以上の方のオルソケラトロジー治療を受けています。特にお若い方などが多く、治療を受けています。野球やサッカーなど、スポーツを行うお子様が、視力の低下に悩んでいることも多く、そのような患者さんの治療を続けて参りました。オルソケラトロジーの治療を東京で、10年近く取り組み、多くの症例により、患者さんに、適した処方を研究してきました。

これからも、患者さんの近視矯正を続けていきたいと考えています。

価格 : 18万円(税抜)~35万円(税抜)
     ※近視度数によって治療料金が変わります。
      別途初期検査料、定期検査料がかかります。

オルソケラトロジーの特徴

1昼間外して、夜だけ装用

通常のコンタクトレンズとは違い、寝ている間に装用し、起きている間は外します。
この装用方法から「ナイトコンタクト」とも呼ばれています。

2時間をかけることで、効果が生まれます。

角膜形状の変化が安定するのには時間がかかるため、装用開始後3~4日目より徐々に効果が現れてきます。

3手術はしません。

レーシックのように角膜を削る手術ではないため、装用を中止することで最終的には元の状態に戻ります。

4近視の状態により、レンズを変えて対応

近視は目安として、-1~-6Dの程度まで、乱視は-1.5D程度までの度数が適応となります。

近視は放っておくと視力が日に日に低下することは皆さんご存知でしょうか。

それは、メガネ・コンタクトレンズを着用していても同じことです。メガネ・コンタクトレンズは視力を安定させたり、 回復させるための器具ではありません。

近視治療として挙げられるのがレーシックや「オルソケラトロジー」です。より安全でデメリットの少ない治療法として「オルソケラトロジー」をご説明いたします。

オルソケラトロジーの特徴
  • 矯正の体験ができる
  • 回復可視能力が事前に分かる
  • 成長期でも治療可能
  • 外科的な手術を要さない
  • 副作用の心配がない
  • 近視の進行を抑制できる
  • 自宅治療なので通院回数が少ない
  • 裸眼で生活ができる

手順とメカニズム

  
ドクターズ・ファイル 西之原美樹院長 (アイリスター麻布クリニック)

港区ドクターズ - 港区の病院・お医者さん情報サイト

ご近所ドクターeBOOK-港区・中央区版

Ls | 西之原 美樹のスタイル(アイリスター麻布クリニック)

アイリスター麻布クリニック

〒106-0045 東京都港区麻布十番
1丁目5-10 アトラスビル 3F

交 通
「麻布十番駅」
地下鉄南北線[5a出口]
大江戸線[7番出口]直ぐ

03-5772-3205

平日電話受付は16:00より承っております。

診察時間
平日
17:30~21:00
土・日・祝
10:30~13:00
14:30~19:00
(祝日は18:00迄)
水 休診
受付終了は診察終了の30分前

麻布十番 See Eye コンタクト

院長ブログ

スタッフブログ