院長ブログ

易感染、予防が大切

お騒がせトランプ氏が5日夕方、3日ぶりにホワイトハウスに戻ってきました。

ホワイトハウス到着後には一人でバルコニーに登場して、親指を立てて、敬礼すると、こともあろうか着けていたマスクを外しました。

「気分はとてもいい!」

「新型コロナウィルスによる感染症を恐れるな。」

と吠えているそうで、ツイートでは

「我々はトランプ政権下で本当に素晴らしい薬を開発し、知識を深めてきた。私は20年前よりも調子がいい!!」

と。そんなわけないでしょうに。入院中も車で外出して、車内から支持者に手を振ってあいさつをしていたとか。しかし、トランプ政権が定めた公衆衛生ガイドラインでは

“新型コロナウィルス感染患者はウィルスを放出しているので、隔離措置を取らなければならないと定められています。医療関係者からは、米政府の定めた感染予防規定に違反していると、怒りの声が上がっています。

「外出は実行しても大丈夫だと医療チームの許可を得た。」

といっているようですが、かなりの圧力を大統領側からかけて無理矢理出てきたという感じがありありで、選挙戦の為に回復ぶりをアピールするため焦っている姿が逆に、病状は結構やばいんじゃないのかなと思わせてしまいます。それに、シークレットサービスはもとより報道官などの側近に次々と感染してクラスターとなっていますから、かえってイメージは悪くなるばかりのような気がします。トランプ氏の実際の病状の情報も錯綜していて、高熱があったとか、一時は血中酸素濃度が95%を下回るときがあったとかで

「頻繁な浮き沈みがある。」

と言われています。通常入院が必要とされるレベルに必要なステロイド薬「デキサメタゾン」を予防的にと使用しているという時点で、軽症とは言えない感じがします。それでも再選を目指して命懸けでパフォーマンスをしているトランプ氏、実際に表に出している姿よりも努力家でけなげな人なのかもしれません。造っているキャラが単にプロレスの興行のようで、ヒール役のトランプ氏とプロレスラーの周囲によくいるグラマラスなおねーちゃんであるメラニア夫人はやや下品であるが人目を惹くという役をそれぞれ演じているだけなのかもしれません。

 

NYは感染再拡大で7日から飲食店閉鎖や学校の体面授業を停止することになりました。

日本は、死亡率が減少していて一部では免疫を獲得しつつあるのではとも噂されています。

しかし、ここのところ急激に気温が下がり、最高気温が20度を下回ってインフルエンザの季節にも近づいてきましたから、感染の可能性があるものは避けるよう気を付けるべきです。来年春ごろやって来るワクチンにまで生きて無事にたどり着けるよう頑張りましょう。

所変わって、中国湖北省随州市の新型コロナウィルス感染症指定病院で、COVID-19患者の276例を対象に入院患者と地元住民の眼鏡常用率を比較してみたところ、入院患者は16例の全体の5.8%で、通常の眼鏡常用率の31.5%と比べるとかなり低い数値でした。という事は、眼鏡を常用しているとかかりにくい?ということになります。普通のマスクはウィルスを通してしまうので感染予防にはならないといわれていましたが、結局マスク着用は効果があるのではとなってきています。眼鏡もしておくに越したことは無いかもしれません。ウィルスが飛散して、結膜などから感染する可能性は以前から言われていたので、眼鏡で多少ブロックしておくのは感染予防に有効なのかもしれませんね。

院長ブログ一覧

院長ブログ過去記事アーカイブ

NEXT ERA LEADER'S アイリスター麻布クリニック 西之原美樹

ドクターズ・ファイル 西之原美樹院長 (アイリスター麻布クリニック)

港区ドクターズ - 港区の病院・お医者さん情報サイト

ご近所ドクターeBOOK-港区・中央区版

病院まちねっと アイリスター麻布クリニック

Ls | 西之原 美樹のスタイル(アイリスター麻布クリニック)

アイリスター麻布クリニック

〒106-0045 東京都港区麻布十番
1丁目5-10 アトラスビル 3F

交 通
「麻布十番駅」
地下鉄南北線[5a出口]
大江戸線[7番出口]直ぐ

03-5772-3205

平日電話受付は15:30より承っております。

診察時間
平日
15:30~21:00
土・日・祝
10:30~13:00
14:30~19:00
(祝日は18:00迄)
火 休診
受付終了は診察終了の30分前

麻布十番 See Eye コンタクト

アイシャンプー

院長ブログ

スタッフブログ